事例紹介

ホーム > 事例紹介

事例紹介

薬液濃度管理システム

FPDの生産工程では、エッチングに使用する薬液の濃度変化によるプロセス不良や、エッチングレートの低下が問題となっていたため、処理時間や処理枚数などの経験値に基づき、装置内の薬液の全量を交換する必要がありました。そのため薬液の交換頻度が高くなり、生産効率の低下をはじめ、薬液のランニングコストや廃液量の増大など、多くの課題の原因となっていました。


装置例(SCREEN製装置)
あるお客様では、シュウ酸(ITOエッチング液)の運用において、水分の揮発によりエッチング能力が低下するため、その都度薬液の全量を交換されていました。FEBACSでは、薬液の使用量を何とか減らせないかというお客様のご要望にお応えするため、リアルタイムに濃度を測定できる最適な濃度計をご提案。測定データに基づいて水分を必要な量だけ供給することにより、シュウ酸の濃度を一定に保ち、薬液の使用可能時間の延長を図りました。また、測定、管理、制御を自動で行うことにより、省力化にも貢献。さらに、複数のタンクを測定できるFEBACSの薬液濃度管理システムのメリットを生かし、同社のケースでは、2つの生産ラインに対してそれぞれ2つのタンク、計4つのタンクの測定・制御を1つのシステムで行いました。1つのタンクでも効果は見込めますが、4つのタンクの一括制御により「極めて大きい効果が得られた」と、お客さまに十分に満足していただくことができました。そのほかの使用薬液についてもぜひ検討してほしいと、より一層の厚い信頼をお寄せいただいています。

オンサイトサポート

お客さまの地元で3名のスタッフを採用。ソフトウエアの設計を6カ月、フィールドサービスを6カ月経験し、教育プログラムを卒業した後、SCREENの装置のセットアップ、プロセス検収、修理・改造を7年間経験したリーダーとともに、チームとしてお客さま先に駐在。

お客さまの勤務形態や生産体制に合わせたサポート体系を構築し、オンサイトビジネスを開始。お客さまの保守担当者だけでなく、製造部門からも直接リーダーに連絡が入り、トラブル対応を実施。作業レポートを作成し、お客さまに報告。トラブルの再発防止策をお客さまとともに検討し、装置メーカーに連絡。

月1回、FEBACSとお客さまによる定例ミーティングを行い、SCREENの装置はもちろん、他社の装置についても、FEBACSで実施可能な対応策をご提案。

製品・サービスに関するお問い合わせ

製品や各種サービスに関するお問い合わせは、電話またはメールでお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
TEL : 0749-24-8310 電話受付:9時から17時まで(土日祝を除く)
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム

事例紹介

  • SCREEN
  • 無限の可能性があります パートナー募集a
  • 品質・環境のためにFEBACSができること ISOへの取り組み

ページの先頭へ戻る